☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆

・・・って、インスリンで、おなかいっぱいなんですけど・・・

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ

果糖と血糖値♪

2016.12.08

category : ・・・カーボカウント♪・・・


「ヘルスケア大学」の記事によると、


果糖が体内に入ると、その10%程度がブドウ糖に変わりますが、

他の90%はそのまま吸収され、肝臓で直接代謝されます。

つまり、小腸などでブドウ糖として分解・吸収されないので、

血糖値をほとんど上げないのです。

そのため、ブドウ糖のGI値(=炭水化物を含有する食品の血糖上昇スピードを数値化した指数)100に対して、

果糖のGI値は、20に過ぎず、低GIの糖であると言えます。


http://www.skincare-univ.com/article/011883/


江部康二先生のブログにも、同様の記載があります。


まず、果糖は、ブドウ糖とは代謝経路が全く異なっています。

そして、果糖のGI(血糖上昇指数)は20くらいと低いです。

低いけれど、GIが20あるということは、

それくらいは血糖を上げるということです。

果糖の代謝経路は特殊で、10%がブドウ糖に変換され吸収されますが、

残りの90%は、果糖のまま吸収され、肝臓でそのまま直接代謝されます。

ですから、果糖は血糖値をほとんど上昇させず、

インスリンの分泌もほとんど促しません。


~~~~~~~

果糖は、ブドウ糖に比べれば血糖値は少ししか上昇させませんが、

中性脂肪合成を促進させ、太りやすい性質をもっています。

果物の糖質の主成分は果糖ですので、

血糖値はパンや米など穀物より上昇させにくいですが、

中性脂肪に変わるという意味では多く摂ればやはり太ると思います。

また果物には、果糖以外にブドウ糖やショ糖も含まれているので

その分はしっかり血糖を上げます。


http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3120.html



果物によって、果糖・ブドウ糖・ショ糖の比率が違うそうなので、

その点については、もう少し勉強してから、記事にしようと思います♪


関連記事

コメント

ありがとうございます〜

うんうん、わかりにくいですよね!!
紹介してくださった文章の一部だけ読んだら「果物は血糖値を上げない」と読み取れちゃいますね。
あと、果物は空腹時に食べるのが一番いいとされ、その理由は、腸に速やかに届いて(30分ほど)吸収されると聞きました。糖類だけじゃなくて酵素なども。
野菜や果物は30分ほど、炭水化物は3時間、肉は6時間..とてもアバウトですが消化にかかる時間をそのように記憶しています。(ヨガ関連で、肉ばかり食べていると内臓が休まらないというような記事で読んだものでした)
体のしくみは複雑で、いろいろ絡み合っててむずかしいですよね!
わたしたちは遺領従事者ではないので、ある程度の助けになる知識と、実際の体験とで、なにがどのくらい血糖値に影響するか知ってればいいと思っています。

2016.12.08  カッパ  編集

文章がヘンだったかも。

すみません、投稿してから気づいたので直します。。

>読み取れちゃいますね。←そこに誤解が生まれるんですね、と言いたかった。言葉足らずでした。

>わたしたちは遺領従事者ではないので ←「医療従事者」です。まちがえました。

2016.12.08  カッパ  編集

カッパさんへ♪

>「果物は血糖値を上げない」

他の炭水化物に比べると
それほど血糖値を上げない、
ということですね。

江部先生のように、糖質制限の考えからすると、
少しでも上がるわけだから、
そこは無視できないんだと思います。

>腸に速やかに届いて(30分ほど)吸収される

ビタミンなどの栄養素が、無駄なく吸収されるっていうことでしょうかね。
上手く出来てるー。

>肉ばかり食べていると内臓が休まらない

脂質は、胃での滞在時間が長いんですね。
だから腹持ちがいい。
でも、それでは、消化器がずっと働かないといけないんですね。

>ある程度の助けになる知識と、実際の体験

個人差が大きいでしょうし、特に実際の体験が重要ですよね。

>文章がヘンだったかも。

ご丁寧に訂正いただき、ありがとうございます♪

2016.12.09  SP♪  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

SP♪

Author:SP♪
2009年10月 緩徐進行型1型糖尿病 (SPIDDM)と診断されました。
同年冬より手足の血行障害が現れ、レイノー症状と診断されました。
また、2015年11月、仙腸関節炎左右ともgrade2となり、強直性脊椎炎の診断が確定しました。

次男は、10年以上前の交通事故の後遺症(高次脳機能障害・難治性てんかん)があり、精神障害者保険福祉手帳を取得しています。
私も、障害者福祉について、少しずつ、勉強していきたいと思います。


検査結果報告書♪
〔2009年9月〕
 HbA1c・・・8.9
〔2010年4月〕
 HbA1c・・・6.1
 βグロブリン・・・11.9
 抗核抗体(ANA)・・・80
 CK・・・229
〔2010年8月〕
  HbA1c・・・6.1
  CK・・・198
 抗核抗体(ANA)・・・80
〔2010年10月〕
 CK・・・229
 補体価CH50・・・51.2
 抗核抗体(FA)・・80
 Homogeneous(均質型)・・80
 Speckled(斑紋型)・・80
〔2011年1月〕
 HbA1c・・・6.0
 CK・・・228
〔2011年7月〕
 HbA1c・・・5.8
 CK・・・221
〔2011年10月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2011年11月〕
 HbA1c・・・6.8
〔2012年3月〕
 HbA1c・・・5.6
ここまでのHbA1cは、JDS値♪
2012年4月以降は、
国際標準値(NGSP♪)表記です。
〔2012年4月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2012年6月〕
 HbA1c・・・6.0

☆詳細は、カテゴリの
「検査結果報告書♪」に☆
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Copyright ©☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad