☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆

・・・って、インスリンで、おなかいっぱいなんですけど・・・

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ

混み混み。

2016.08.11

category : 強直性脊椎炎


昨日、免疫・膠原病内科検診に行きました。

ひぃーっ!

駐車場めちゃ混み。

毎年、お盆前後の大学病院は、ひどいですね。

覚悟はしていましたが、診察時間も、大幅に遅れていました。


採血後、3時間半以上待ち。

はぁ~。



5週間前の診察で、週一回服用のリウマトレックスを処方されましたが、

2回目を飲んだ日に、発熱して、その後、咳が出たので、

副作用を疑って、3週間前に受診。

X線検査・血液検査・聴診により、間質性肺炎の心配はなくなりました。

ただ、それからずっと、咳が続いて、リウマトレックスの服用は、中止したままです。



昨日の、血液検査では、3週間前に、0.8だったCRPが、

0.2に下がって、炎症は、落ち着いてきたようです。

前回、主治医が検査項目に入れ忘れていた血沈も、

昨日は9で、基準値内でした。


ただ、リウマトレックスの再開は、ちょっと危険かもということで、

今回は、処方されませんでした。

「そうなると、次は、注射(生物製剤)ですね。」

と言われましたが、今のところ、それほど痛い状態が長く続いてるわけじゃないし、

そこまでしなくてもいいんじゃないかな~。


軽度の強直性脊椎炎治療では、

ボルタレンなどの鎮痛剤と、アザルフィジンの併用が一般的だそうですが、

私の場合、アザルフィジンが効いているのかどうか、ちょっと疑問。

効かない薬を飲み続ける意味もないので、

一旦、アザルフィジンを中止して、体調に変化があるかどうか、

試してみることにしました。

薬の効果がなくなるのに、1~2ヶ月かかるそうなので、

2ヶ月後の診察で、変化を見ましょうということになりました。


CKが、327で、かなり高値でした。

5週間前の検査でも、321ありましたが、

その時は、前日に、家の階段で足を踏み外して、

むこうずねを強打したから、たぶんそのせいだと思うんですが、

今回は、全く心当たりがありません。

DM科で処方されているお薬も、チェックして貰いましたが、

CK値に影響を与えるようなお薬は、飲んでいません。

なんでしょね~?


HBが、9.5に下がってしまいました。

それで、毎日しんどかったのね。

明日のDM検診で、鉄剤を出して貰った方がいいかな~。


HbA1cは、5週間前より、0.2上がって、7.0でした。

インスリン増やしたんだけど…




関連記事

コメント

こんばんわ^-^

こちらにコメントするのはお久しぶりです♪

あの、1ヶ月くらい気になっていて、でもSP♪さんご存知かとも思って書かなかったのですが、やはり気になってしまったので書かせていただきます。

ちょうど糖尿病に関する著書を読む機会がありまして、そこにHbA1cと歯周病の関係のことが書かれていました。

歯周病は成人ではほとんどの人がかかっていると、歯医者さんに聞いたことがあります。

すでにケアされていたら大変申し訳ないのですが、もしかしたら歯医者さんに行けばHbA1cが上がってしまう問題、もしかしたら道筋が見えるかも?と思って。

3時間半以上、そのあとお薬もらうのでまた待たされたのですよね。
本当にお疲れさまでした!

2016.08.11  メルティローズ  編集

メルちゃんへ♪

こんにちは。
コメントありがとうございます♪

>HbA1cと歯周病の関係

歯周病や虫歯の炎症で、HbA1cが上がることもあるそうですね。
糖尿病専門医でも、歯は専門外なので、
定期的に、歯科でケアして貰ってます。
ご心配いただきありがとうございます♪

それに、インスリン注射をしていると、
低血糖の時に、ブドウ糖を食べたりするから、
歯みがきもしっかりしないといけませんね。

>本当にお疲れさまでした!

ありがとうございます。
ほんと混み混みで、疲れましたー。

それから、手作り麺つゆに、
またまたれぽを頂きありがとうございました。
後ほど掲載させていただきます。
いつも有難うございます♪

2016.08.12  SP♪  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

SP♪

Author:SP♪
2009年10月 緩徐進行型1型糖尿病 (SPIDDM)と診断されました。
同年冬より手足の血行障害が現れ、レイノー症状と診断されました。
また、2015年11月、仙腸関節炎左右ともgrade2となり、強直性脊椎炎の診断が確定しました。

次男は、10年以上前の交通事故の後遺症(高次脳機能障害・難治性てんかん)があり、精神障害者保険福祉手帳を取得しています。
私も、障害者福祉について、少しずつ、勉強していきたいと思います。


検査結果報告書♪
〔2009年9月〕
 HbA1c・・・8.9
〔2010年4月〕
 HbA1c・・・6.1
 βグロブリン・・・11.9
 抗核抗体(ANA)・・・80
 CK・・・229
〔2010年8月〕
  HbA1c・・・6.1
  CK・・・198
 抗核抗体(ANA)・・・80
〔2010年10月〕
 CK・・・229
 補体価CH50・・・51.2
 抗核抗体(FA)・・80
 Homogeneous(均質型)・・80
 Speckled(斑紋型)・・80
〔2011年1月〕
 HbA1c・・・6.0
 CK・・・228
〔2011年7月〕
 HbA1c・・・5.8
 CK・・・221
〔2011年10月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2011年11月〕
 HbA1c・・・6.8
〔2012年3月〕
 HbA1c・・・5.6
ここまでのHbA1cは、JDS値♪
2012年4月以降は、
国際標準値(NGSP♪)表記です。
〔2012年4月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2012年6月〕
 HbA1c・・・6.0

☆詳細は、カテゴリの
「検査結果報告書♪」に☆
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Copyright ©☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad