☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆

・・・って、インスリンで、おなかいっぱいなんですけど・・・

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ

不具合!

2016.04.07

category : 免疫・膠原病内科検診♪


大学病院では、受付の際、呼び出し受信機を受け取ります。

院内では、その受信機の案内に従って、

診療科受付付近で待ったり、診察室の前に移動したり、

診察室に入ったり。


その後、会計に、保険証と診察ファイルを提出して、

処方箋を受け取り、呼び出し受信機に

「会計の準備ができました。自動支払機にてお支払い下さい。」

と言われるまで待ちます。


昨日、診察室の前で待っていると、館内放送が流れました。

「一部の患者様の呼び出し受信機で、会計計算のご案内ができなくなっています。

 会計計算ができた患者様には、マイクでお名前をお呼びしています。

 お名前を呼ばれた方は、自動支払機で、お支払いをお願いします。」


同じ内容の放送が、数回流れた後、今度は、

「電子カルテの不具合により、一部の患者様の、検査結果が、

 カルテに反映されなくなっています。

 ただいま、全力で復旧作業をしています。

 ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。」


どうなってるんでしょね。

…と思ってたら、すぐに、私の呼び出し受信機が鳴って、

診察室に入って下さい、というメッセージが表示されました。


幸い、私の検査結果は、ちゃんとカルテに入ってました♪


まず、特定医療費の受給申請が、却下されたことの報告。

主治医:

「最近は、なぜか、シェーグレンと、強直性脊椎炎だけ、

 受給申請が、通りにくくなってるんです。

 以前は、診断基準を満たしてたら、ほぼ受給できたんですけどね。」


2ヶ月前から、免疫調整剤のアザルフィジンと、ボルタレンを、

眠前に1錠飲むようになって、仙腸関節炎や、足首などの付着部炎の痛みが、

ずいぶんマシになりました。

ただ、先週くらいから、左足のアキレス腱あたりに、新しい痛みが出ています。

以前からある、足裏の腫れも、相変わらず。


主治医は、ちょっと、進み始めてるのかな、という印象のようです。

そこで、リウマトレックス(成分名メトトレキサート)の服用を勧められました。


うーん。

ちょこちょこ痛みはあるものの、一日中続く痛みではないし、

まだ、生活に支障をきたすレベルじゃないから、あまり乗り気じゃないなー。

抗がん剤だから、それなりに副作用もあるかもしれないし。

主治医によると、関節リウマチ患者の7割が使ってる薬なので、

あまり心配ないみたいだけど、とりあえず、今回は保留にしました。

今よりも、症状が進行しそうなら、考えないといけませんね…


1日1錠で飲み始めたアザルフィジンが、2錠になりました。

これで抑えてくれるといいな~♪

関連記事

コメント

こんばんわ♪

電子カルテって便利なのかもしれませんが、アナログ人間の自分にはどうしても馴染めません。
こういう不具合も原因がよくわからなかったり、そのうち映画のように機械に人間が支配される日が来るんじゃないかと本気で思っています(笑)

それにしても特定医療費の申請、却下とは残念です。
次回提出できるまで半年開けないといけないとかあるのでしょうか?
なんだか納得できないですよねぇ。

スピリチュアルなかんじに受け取られるかもしれませんが、
あぁ、これはなんだかイヤだなぁとか、気がのらないなぁと思う気持ちって人間の本能らしいのです。
精神科医が言っていたのでびっくりしたのですが。

日々いろいろな判断をすると思いますが、心に何か引っ掛かった時はそれを無視しちゃいけないそうです。

お薬も関係あるの?とお思いかと察しますが、(偶然かもしれませんが)私は飲む気になれなかった薬、全てがアレルギー反応陽性でした。

図々しくも長々と書いてしまいました^-^;;
今日のSP♪さんのブログ読んで、ふと思い出したので。
そんな自分こそ、気をつけなければいけないんですけどね(苦笑)

2016.04.07  メルティローズ  編集

メルちゃんへ♪

こんばんわ☆

>電子カルテって便利なのかもしれませんが、アナログ人間の自分にはどうしても馴染めません。

複数の診療科を受診する場合や、過去のデータを参照するのに、とっても便利そうなんですが、今回のように、どこかに不具合があると、一挙に不安度が高まりますね。

>特定医療費の申請

もっと前に診断されてたら、申請が通ってたのかもって思ってしまいました。
今後、症状が進行すれば、1回あたり、10万円近くかかる薬を使うかもしれないので、そうなると、なんとしても、申請を通してもらわないと厳しいです。
もともと、1型糖尿病なので、毎月2万円弱払ってますしね。

>心に何か引っ掛かった時はそれを無視しちゃいけないそうです。

ちゃんと、自分で納得できるように進めないといけないんでしょうね。
幸い、私の主治医は、新しい治療法に関して、私の意見を尊重して下さるので、その点、安心して受診できると思っています。

>飲む気になれなかった薬、全てがアレルギー反応陽性でした。

メルちゃんの場合のように、医師にはわからなくても、患者自身の判断が正しい場合もあるんですね。
薬剤師さんと医師の、密な連携も、大切ですね。

2016.04.07  SP♪  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

SP♪

Author:SP♪
2009年10月 緩徐進行型1型糖尿病 (SPIDDM)と診断されました。
同年冬より手足の血行障害が現れ、レイノー症状と診断されました。
また、2015年11月、仙腸関節炎左右ともgrade2となり、強直性脊椎炎の診断が確定しました。

次男は、10年以上前の交通事故の後遺症(高次脳機能障害・難治性てんかん)があり、精神障害者保険福祉手帳を取得しています。
私も、障害者福祉について、少しずつ、勉強していきたいと思います。


検査結果報告書♪
〔2009年9月〕
 HbA1c・・・8.9
〔2010年4月〕
 HbA1c・・・6.1
 βグロブリン・・・11.9
 抗核抗体(ANA)・・・80
 CK・・・229
〔2010年8月〕
  HbA1c・・・6.1
  CK・・・198
 抗核抗体(ANA)・・・80
〔2010年10月〕
 CK・・・229
 補体価CH50・・・51.2
 抗核抗体(FA)・・80
 Homogeneous(均質型)・・80
 Speckled(斑紋型)・・80
〔2011年1月〕
 HbA1c・・・6.0
 CK・・・228
〔2011年7月〕
 HbA1c・・・5.8
 CK・・・221
〔2011年10月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2011年11月〕
 HbA1c・・・6.8
〔2012年3月〕
 HbA1c・・・5.6
ここまでのHbA1cは、JDS値♪
2012年4月以降は、
国際標準値(NGSP♪)表記です。
〔2012年4月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2012年6月〕
 HbA1c・・・6.0

☆詳細は、カテゴリの
「検査結果報告書♪」に☆
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Copyright ©☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad