☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆

・・・って、インスリンで、おなかいっぱいなんですけど・・・

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ

アイムホーム♪

2015.04.10

category : 高次脳機能障害


アイムホーム♪

この春スタートするドラマで、木村拓哉さんが、高次脳機能障害となった証券マンを演じるそうですね。

http://www.tv-asahi.co.jp/imhome/story/0001/


以前、「博士の愛した数式」が、映画化されましたが、

こちらも、寺尾聰演じる、元数学者が、高次脳機能障害という設定でした。

新しく記憶したことを、80分しか覚えていられない。

(ストーリーでは、高次脳機能障害という表現は使われていませんが…)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%AE%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%9F%E6%95%B0%E5%BC%8F



周囲からは、わかりにくい障害のため、つらい思いをしている方が、たくさんいらっしゃいます。

来週から始まる「アイムホーム」が、高次脳機能障害の周知につながってくれるといいですね。

関連記事

コメント

おお、あれが!

博士の愛した数式、見ました!あれが高次脳機能障害だったんですね。(知らなかった・・)キムタクのドラマはちゃんとその病名も言ってくれるんですね。認知が広がるといいですね!

2015.04.10  陽子  編集

よーちゃんへ♪

>あれが高次脳機能障害だったんですね

そうそう。
あの映画では、ほとんど記憶障害についてしか触れられてなかったけど、実際は、他にもいろんな症状があります。
キムタクが、どんな症状を演じるのかは、まだわからないけど…

>認知が広がるといいですね!

うんうん!
かなりの人が、高次脳機能障害を検索するかもね。

2015.04.11  SP♪  編集

読みました!

「博士の愛した数式」は、本を読みました。
あれも高次機能障害だったんですね〜!

とてもすてきなお話でしたが、実際にこの博士みたいな人がいたら、深くかかわらないと理解されず、生きにくいだろうな...と思いました。
高次機能障害と一口に言っても、いろいろな症状があって人それぞれなんですよね?

くわしいとこまで理解してなくても、「あぁ〜、キムタクが演じてたのと同じヤツね」ということで、「なんか大変そうだけどそういうものがあるんだな」ぐらいでも、知られれば説明などもラクになるのではないでしょうか♪
まずはドラマがおもしろくて、ヒットしてもらわなければね〜☆

2015.04.15  カッパ  編集

カッパさんへ♪

>博士の愛した数式

家政婦さんが、毎回自己紹介されてましたね。
同じようなシーンが、高次脳機能障害の方たちの集まりでもあります。
皆さんが同じ症状というわけではないんですが。

>いろいろな症状があって人それぞれなんですよね?

そうですね。
記憶障害以外に、注意障害・遂行機能障害・社会的行動障害など、色々です。

>あぁ〜、キムタクが演じてたのと同じヤツね

カッパさんのこのコメント見て、1型における、阪神の岩田くんみたいな存在かなと思いました。
関東ではどうかわからないけど、関西では、「岩田くんと同じ病気」と言えば、かなりの人に通じます。
ただ、高次脳機能障害は、あまりに症状が様々なので、1本のドラマでどこまで伝わるか、わかりませんけどね。

>まずはドラマがおもしろくて、ヒットしてもらわなければね〜☆

そーよね~☆
3ヶ月でドラマが終わって、そのまますぐに忘れられてしまうようなのじゃないことを祈ります♪

2015.04.15  SP♪  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

SP♪

Author:SP♪
2009年10月 緩徐進行型1型糖尿病 (SPIDDM)と診断されました。
同年冬より手足の血行障害が現れ、レイノー症状と診断されました。
また、2015年11月、仙腸関節炎左右ともgrade2となり、強直性脊椎炎の診断が確定しました。

次男は、10年以上前の交通事故の後遺症(高次脳機能障害・難治性てんかん)があり、精神障害者保険福祉手帳を取得しています。
私も、障害者福祉について、少しずつ、勉強していきたいと思います。


検査結果報告書♪
〔2009年9月〕
 HbA1c・・・8.9
〔2010年4月〕
 HbA1c・・・6.1
 βグロブリン・・・11.9
 抗核抗体(ANA)・・・80
 CK・・・229
〔2010年8月〕
  HbA1c・・・6.1
  CK・・・198
 抗核抗体(ANA)・・・80
〔2010年10月〕
 CK・・・229
 補体価CH50・・・51.2
 抗核抗体(FA)・・80
 Homogeneous(均質型)・・80
 Speckled(斑紋型)・・80
〔2011年1月〕
 HbA1c・・・6.0
 CK・・・228
〔2011年7月〕
 HbA1c・・・5.8
 CK・・・221
〔2011年10月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2011年11月〕
 HbA1c・・・6.8
〔2012年3月〕
 HbA1c・・・5.6
ここまでのHbA1cは、JDS値♪
2012年4月以降は、
国際標準値(NGSP♪)表記です。
〔2012年4月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2012年6月〕
 HbA1c・・・6.0

☆詳細は、カテゴリの
「検査結果報告書♪」に☆
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Copyright ©☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad