☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆

・・・って、インスリンで、おなかいっぱいなんですけど・・・

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ

>6.0♪

2014.03.21

category : DM検診♪


DM検診に行きました。


先入観を持ってはいけないと思うんですが、採血して貰う技師さんは、

どっしりベテラン感まる出しの人の方が、安心して、腕を出せますよね。

1年ほど前、若いにーちゃん技師に、名前を呼ばれた時は、ぞっとしました。

大丈夫かな・・・・・こわいよー・・・・・

でも、実際は、とても上手で、全然痛みも無く、それに、人あたりのいい、好青年でした。

その後、何回も、そのにーちゃん技師に、採血して貰ううちに、その技師さんに呼ばれると、

ほっとするようになりました。

本当は、見た目よりも、経験を積んでるのかな?


昨日も、その技師さんでした。

「ちょっと、ちくっとしますよー。」


・・・・・うっ、

痛っ・・・・・


ま、たまには、そんな日も、ある。

来月に期待。


・・・・・と、痛い思いをして採血して貰った結果ですが、

中性脂肪が、178で、『H』が付いていました。

主治医によると、普通に朝食を摂った後の数値なので、たまたま高い時があっても、

あまり気にしなくてもいいそうです。

例えば、果物を食べたり、パンに、ちょっとジャムをつけたくらいでも、高値が出るとか。

派手に食べまくった翌日には、2,000とか、3,000とかまで上がる人もいるけど、

時間が経つと、自然に下がるそうです。

私の場合、いつも高い数値、というわけでは無いので、大丈夫らしい。


貧血関連の数値は、先月から飲み始めた鉄剤のおかげで、それぞれ、基準値内に♪

ただし、ホルモン周期の関係で、たぶん今が、体内鉄Max状態と思われ、

この後、ぐぐっと下がりそうなので、鉄剤は、継続して、服用します。


そんな状況下ゆえ、HbA1cの数値は、あまり意味がないんですが(貧血の時と、貧血治療中は、

HbA1cが、実際より低めに出ます。)、先月から、0.5下がって、6.0でした。

だから、本当の数値は、6.0より低くはない、ということですね。

毎日のBSの動きからみて、先月と、あまり変わっていないだろうと、思います。

しばらくは『HbA1c自分で勝手に予想月間』が続きそう・・・・・

関連記事

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

SP♪

Author:SP♪
2009年10月 緩徐進行型1型糖尿病 (SPIDDM)と診断されました。
同年冬より手足の血行障害が現れ、レイノー症状と診断されました。
また、2015年11月、仙腸関節炎左右ともgrade2となり、強直性脊椎炎の診断が確定しました。

次男は、10年以上前の交通事故の後遺症(高次脳機能障害・難治性てんかん)があり、精神障害者保険福祉手帳を取得しています。
私も、障害者福祉について、少しずつ、勉強していきたいと思います。


検査結果報告書♪
〔2009年9月〕
 HbA1c・・・8.9
〔2010年4月〕
 HbA1c・・・6.1
 βグロブリン・・・11.9
 抗核抗体(ANA)・・・80
 CK・・・229
〔2010年8月〕
  HbA1c・・・6.1
  CK・・・198
 抗核抗体(ANA)・・・80
〔2010年10月〕
 CK・・・229
 補体価CH50・・・51.2
 抗核抗体(FA)・・80
 Homogeneous(均質型)・・80
 Speckled(斑紋型)・・80
〔2011年1月〕
 HbA1c・・・6.0
 CK・・・228
〔2011年7月〕
 HbA1c・・・5.8
 CK・・・221
〔2011年10月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2011年11月〕
 HbA1c・・・6.8
〔2012年3月〕
 HbA1c・・・5.6
ここまでのHbA1cは、JDS値♪
2012年4月以降は、
国際標準値(NGSP♪)表記です。
〔2012年4月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2012年6月〕
 HbA1c・・・6.0

☆詳細は、カテゴリの
「検査結果報告書♪」に☆
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Copyright ©☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad