☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆

・・・って、インスリンで、おなかいっぱいなんですけど・・・

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ

悪化・・・・・

2013.12.13

category : DM検診♪

DM検診に行きました。

寒ぅ~。


採血のために、検査室へ。

かなり混んでいました。

まさかの20分待ち。

大学病院並みです。

採血担当は、若い男性技師さん。

以前は、若い技師さんを見ると、かなりびびってしまいましたが、

その技師さんは、何度か採血して貰って、毎回失敗無し美技無痛にーちゃんだと判明。

もう、緊張せずに、腕を出せます♪


やっと名前を呼ばれて、さあ、採血、という時に、隣のカウンターの技師さんに、

「検査の結果が出るのに、どれだけ時間かかるんや?」と、おじさんが声を荒げて聞いています。

「採血してから、1時間ちょっとです。○○さんの結果は、あと、5分か10分で、出ますよ。」

「糖尿病科の予約時間に名前呼ばれへんし、聞いたら、まだ、検査結果が出てへんって言われたんや。

 段取り悪いんちゃうんか?スムーズに結果が出てたら、無駄な待ち時間が減るやろ!」

・・・・・って、ねぇ。

そのおじさんには、色々つっこみたい所があるんですが、私が一番言いたいのは、

「このタイミングでごちゃごちゃ言うから、美技無痛技師さんがびびって、

 美技無痛記録ストップしたやんか!」


さて、診察。

私から、主治医のDr.Tに報告したのは、

・朝食前と昼食前BSがやや高め続きだったので、トレシーバを4単位に増やして、安定している

・きつい低血糖は、無し

・足裏とかかとの痛みが、特にツラくて、歩くと悪化するので、お散歩できない

・左手人差し指に加えて、小指にも、乾癬ぽいのが出現

・右手薬指に加えて、左手薬指にも、ちっこい爪上皮出血点出現

・来週、大学病院で、膠原病内科のDr.Oの診察

・くらぁ~んと、貧血っぽい時がある


先月、35だったFe(血清鉄)が、20に下がり(基準値 43~172)、

UIBC(不飽和結合能)が、390.0から、436.0に上がり(基準値 137~325)、

HB(血色素量)が、11.1から、10.3に下がっていました。(基準値 11.3~15.2)

いずれも、基準値から遠ざかっています。

鉄欠乏性貧血です。

HBが、2ケタを切ったら、鉄剤処方かな。

ぎりぎりです。


尿タンパクが、先月と同じ30で、±・・・・・むむむん。

リマチルの副作用なのかな~?

膠原病科で、相談しましょ。

「足が痛い時は、無理しない方がいいですよ。やっぱり、リウマトレックスでしょうかね。」

・・・・・そうなるのかな。ま、来週、Dr.Oに、診て貰ってきます♪


HbA1cは、先月より、0.1アップして、6.3でした。

トレシーバ増量してなかったら、もうちょっと上がってたかもですね。

関連記事

コメント

おつかれさまです!

鉄(Fe)はわたしもだんだん下がってて、26です。
鉄剤飲んどこうかなー。
たまに、くらっとすることありますね。v-12

コンバースの中に、低反発の中敷とか入れてみたら少しはラクになったりしないかな?
あったかいフカフカの中敷とかもあるしー。
UGGのブーツ、フカフカで暖かくてフィットして、サイコーですよ♪v-10
高いけど、奮発してもイイところなのでは?
コンバース、冬は寒そうです。

2013.12.13  カッパ  編集

カッパさんへ♪

ありがとうございます♪

>鉄(Fe)はわたしもだんだん下がってて、26です。

あらら、カッパさんも低いですね。
鉄剤は、すでに処方されてるんでしたっけ?
私は、最初に鉄剤を処方された時は、
フェリチン(貯蔵鉄)の検査も追加されて、
やっぱり低いし、鉄剤処方となりました。
貧血の種類の診断に必要な検査らしいです。

靴や中敷に関しては、リウマチの診断や、
進行具合との絡みもあるかもしれないので、
主治医に、一度、相談してみます。
医療用のとかも、あるらしいです♪

2013.12.13  SP♪  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

SP♪

Author:SP♪
2009年10月 緩徐進行型1型糖尿病 (SPIDDM)と診断されました。
同年冬より手足の血行障害が現れ、レイノー症状と診断されました。
また、2015年11月、仙腸関節炎左右ともgrade2となり、強直性脊椎炎の診断が確定しました。

次男は、10年以上前の交通事故の後遺症(高次脳機能障害・難治性てんかん)があり、精神障害者保険福祉手帳を取得しています。
私も、障害者福祉について、少しずつ、勉強していきたいと思います。


検査結果報告書♪
〔2009年9月〕
 HbA1c・・・8.9
〔2010年4月〕
 HbA1c・・・6.1
 βグロブリン・・・11.9
 抗核抗体(ANA)・・・80
 CK・・・229
〔2010年8月〕
  HbA1c・・・6.1
  CK・・・198
 抗核抗体(ANA)・・・80
〔2010年10月〕
 CK・・・229
 補体価CH50・・・51.2
 抗核抗体(FA)・・80
 Homogeneous(均質型)・・80
 Speckled(斑紋型)・・80
〔2011年1月〕
 HbA1c・・・6.0
 CK・・・228
〔2011年7月〕
 HbA1c・・・5.8
 CK・・・221
〔2011年10月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2011年11月〕
 HbA1c・・・6.8
〔2012年3月〕
 HbA1c・・・5.6
ここまでのHbA1cは、JDS値♪
2012年4月以降は、
国際標準値(NGSP♪)表記です。
〔2012年4月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2012年6月〕
 HbA1c・・・6.0

☆詳細は、カテゴリの
「検査結果報告書♪」に☆
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Copyright ©☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad