☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆

・・・って、インスリンで、おなかいっぱいなんですけど・・・

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ

日本糖尿病学会の FreeStyleリブレに関する見解♪

2017.09.08

category : FreeStyleリブレ♪



908.png


(抜粋)


全文は

 ↓

http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/imp_20170822_freestylelibre.pdf


堅苦しい文章ですが、

要するに、リブレだけに頼らず、SMBGもやりなさいよ、ってことかな?



comment(2) 

FreeStyleリブレ ~血糖自己測定器加算&希望小売価格♪

2017.09.06

category : FreeStyleリブレ♪

906.png

http://myfreestyle.jp/products/freestyle-libre-system.html

Abbott社のFreeStyleリブレオフィシャルサイトからの引用です。

「よくある質問」の中の

「FreeStyleリブレは保険償還できますか?」をクリックすると、

上の画面が現れます。


1型・2型関係なく、インスリン自己注患者が、保険の対象になっています。

ちなみに、1型の血糖自己測定器加算は、

120回以上測定で、1,500点です。


また、「資料」の中の、

「FreeStyleリブレパンフレット」をクリックすると、

販売価格が出てきます。

9061.png


リブレのセンサー2個に、SMBGの測定チップがセットになっています。

測定チップが、20枚から120枚まで、6段階ありますが、

価格は、どれも、13,800円(実際は、その3割負担)です。

どうしてなんでしょね。


comment(2) 

FreeStyle リブレ 9月1日から保険適用♪

2017.08.28

category : FreeStyleリブレ♪


8282.png


ついに、決まったみたいですね。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201708/552478.html


828.png

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000175056.pdf


ただ、読み取りリーダーの費用は、医療機関の持ち出しで、

今までの測定チップも出すと、赤字になるとか。


来年4月の診療報酬改定まで待たないと、

使えないのかな~?



comment(2) 

Proじゃない方♪

2017.01.18

category : FreeStyleリブレ♪


今年の3月頃から、発売されるそうです。

ただし、厚労省次第ですが…

(トレシーバ発売の際、当初の情報より、数ヶ月遅れましたしね。)


2週間お試しの、FreeStyle Libre が手に入ったと、

実物を見せて貰いました。


で、主治医が、実際に、2週間使ったそうです。

外したあとの、センサーも見せて貰いました。


2週間着けっぱなしでも、肌がかぶれる事はなく、

痛みや違和感も、ほとんどないそうです。

逆に、着けてるのを忘れて、服を着替える時にひっかかったとか。


血糖値の動きを、折れ線グラフで見ることができます。

「SP♪さんの血糖値が、

 どの時間帯で上がりやすいのか、下がりやすいのかが、

 ひと目でわかるので、より血糖コントロールがしやすくなりますね♪」




comment(8) 

FreeStyle Libre Pro ~発売♪

2016.12.05

category : FreeStyleリブレ♪


発売♪

http://www.dm-net.co.jp/calendar/2016/026221.php


先月のDM検診で、年内には発売されるだろうと、

主治医から聞いてたんですが、

やっぱり発売されたみたいですね♪


動画はこちらに。
 ↓  ↓
http://samiesamie.blog.fc2.com/blog-entry-2398.html


comment(8) 

Abbott FreeStyle Libre♪

2016.09.10

category : FreeStyleリブレ♪


日本語のサイトを見つけました♪

http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/16/050200004/071400003/


500円玉サイズのセンサーを、二の腕に装着させて、

本体をかざすと、体内のブドウ糖濃度がわかる仕組みです。

センサーは、2週間付けっぱなしで、何度でも測定可能。

つまり、CGM状態ですね。


こちらの動画は、日本語じゃないけど、

英語がわからなくても、十分理解できます♪





画期的ですね♪

食後のBSの動きなども、手に取るようにわかるだろうし、

ちょこちょこ補正できて、ぐっとコントロールしやすくなりそうです。


ただ、血圧のように、何度でも測定できるとなると、

どんなに美しい数字を出しても、自慢できなくなるなあ…



comment(8) 

プロフィール

SP♪

Author:SP♪
2009年10月 緩徐進行型1型糖尿病 (SPIDDM)と診断されました。
同年冬より手足の血行障害が現れ、レイノー症状と診断されました。
また、2015年11月、仙腸関節炎左右ともgrade2となり、強直性脊椎炎の診断が確定しました。

次男は、10年以上前の交通事故の後遺症(高次脳機能障害・難治性てんかん)があり、精神障害者保険福祉手帳を取得しています。
私も、障害者福祉について、少しずつ、勉強していきたいと思います。


検査結果報告書♪
〔2009年9月〕
 HbA1c・・・8.9
〔2010年4月〕
 HbA1c・・・6.1
 βグロブリン・・・11.9
 抗核抗体(ANA)・・・80
 CK・・・229
〔2010年8月〕
  HbA1c・・・6.1
  CK・・・198
 抗核抗体(ANA)・・・80
〔2010年10月〕
 CK・・・229
 補体価CH50・・・51.2
 抗核抗体(FA)・・80
 Homogeneous(均質型)・・80
 Speckled(斑紋型)・・80
〔2011年1月〕
 HbA1c・・・6.0
 CK・・・228
〔2011年7月〕
 HbA1c・・・5.8
 CK・・・221
〔2011年10月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2011年11月〕
 HbA1c・・・6.8
〔2012年3月〕
 HbA1c・・・5.6
ここまでのHbA1cは、JDS値♪
2012年4月以降は、
国際標準値(NGSP♪)表記です。
〔2012年4月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2012年6月〕
 HbA1c・・・6.0

☆詳細は、カテゴリの
「検査結果報告書♪」に☆
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Copyright ©☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad