☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆

・・・って、インスリンで、おなかいっぱいなんですけど・・・

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ

大腸内視鏡検査⑦ ~いざ本番♪

2016.11.01

category : 大腸内視鏡検査♪


検査前日夜に飲む下剤(ラキソデート)は、

服用から8~10時間で効くそうですが、

夜中に何度もトイレに行く人もいると聞いて、

ちょっと不安でした。

でも、朝まで腹痛もなく、ぐっすり眠れました。


朝7時半に、テレミンソフト坐薬を入れましたが、音沙汰なし。

大丈夫なのかな?


8時から、モビプレップ(腸管洗浄液)を、指示通り飲み始めました。

なるほど、これは、しっかり冷やさないと、飲めない味です。

濃いポカリに、梅シロップを入れたような味。

200mlのモビプレップを、10分かけて、ゆっくりと飲むのがいいそうですが、

それ以上早く飲めそうにない味です。

だから、最初の200mlを飲み終わったら、すぐに、次の200mlなので、

家事ができるのは、その後、水200mlを飲んだ後の10分間です。


ところが、立ち上がって、少し歩いただけで、

ふら~っと、よろめきそうになって、怖くなって、

そのまま大人しくしていました。


最初の200モビ→200モビ→200水…の間は、音沙汰なし。

2回目の200モビ→200モビ…の途中から、トイレに通いだして、

3回目の200モビ→200モビあたりで、ほぼ検査を受けられる状態になりました。


思ったよりも、前処置はスムーズに済んで、

トータルで、モビプレップ1200mlと、水600mlで完了しました。

もっとお腹が痛くてツラいのかと想像していましたが、

ぜ~んぜん♪

心配して損したー。



検査前に、浣腸する必要がなくなったので、

クリニックへは、検査の15分前に着けば間に合います。


家を出る前に、念のためSMBG…




お昼♪


ぶらぼー♪

(あと1分早く測定するべきだった?)



さて、本番です。

胃カメラでは、行き帰り両方で診られるんですが、

大腸の場合は、とりあえず終点まで行って、

引き返す際に診るようです。


途中で、数回痛いシーンがあったものの、

おおむね胃カメラよりもラクでした。


目の前の、大きなモニターを見ながら、説明を受けます。

「ここに見えるのが盲腸です・・・

 ここは、心臓のすぐ下です・・・今は肝臓の横を通ってます・・・

 はい、ここ大事ですよー・・・はい、ここも大事・・・

 これはポリープですが取らなくてもいいポリープ・・・

 ここにもポリープがありますね。これも取らなくていいです・・・」


先生の説明に合わせて、枕元の看護師さんがモニターを指さして下さいます。

たしかに、丸くて白いものが映っています。

ほぉ~。

腸の中って、意外ときれいな肌色なんですね。

白いデキモノがあると、はっきりわかります。


検査そのものは、10分前後でした。

終了後、枕なしで、仰向けに寝て、

下がった血圧が回復するのを待ちます。

5分くらいで、一旦待合室に戻りました。


その後、診察室で説明を受けます。


検査結果♪


「直腸に、直径3mmの過形成性ポリープが、3つありました。

 いずれも、ガン化するものではなく、切除する必要はありません。

 2~3年後に、また内視鏡検査を受けられるといいでしょう。


 便秘と下痢の症状については、下剤などを上手く使って、

 調整してみて下さい。

 Dr.Tに、お手紙書いておきますね。」



ほっと一安心です♪


ちなみに、検査当日の費用は、

私の主治医Dr.Tへの、診療情報提供料も含めて、5,680円でした。


会計の際、

「今日の食事は、やっぱり、お粥みたいなのがいいんですか?」って聞いたら、

「えーっと、SP♪さんは、何も処置されてないので、普通のお食事で大丈夫ですよ。」

と、意外な返答。

それじゃ、ダメもとで、

「あのー…アルコールは…いいんでしょうか?」

「はい。何もされてないので、大丈夫ですよ♪」


よっしゃー!





~~おまけ~~


今朝の血圧。





血圧♪



comment(4) 

大腸内視鏡検査⑥ ~前日から当日朝のBSコントロール♪

2016.10.31

category : 大腸内視鏡検査♪


消化器クリニックでは、

検査前日の朝から、検査終了まで、

インスリンを中止するように言われましたが、

DM科の主治医の指示で、

前日朝食前Q1、昼食前Q2、

夕食前Qとトレシーバは打たない、

BS200オーバーでQ1追注、に決定。


検査前日の、朝食前BSは91でした。

朝の検査食(炭水化物 35.1g)に、Q1で、昼食前BSは、95。

お昼の検査食(炭水化物 49.4g)に、Q2で、夕食前BSは、




夕食前♪

ぶらぼー!!



インスリンなしで、検査食(炭水化物 45.5g)を食べて、2時間後、


夕食後♪


立派なDMです。

でも、200を超えてないので、追注なしで、眠前BSは、



眠前♪


あらま。

治りました♪


前日のお昼に打ったトレシーバが、まだ残ってるんでしょね。

自前分も、かなり頑張ってくれたみたいです。



ところで、この眠前SMBGで、

去年の2月からお世話になってきた、グルテストNeoアルファとお別れです。

短い間だったけど、お世話になりました。

ありがとう♪



で、今日の朝イチから、新顔登場!



朝イチ♪

気に入った♪



(まだ何も設定をいじってないけど、日付も表示してくれるのかな~?)





風車菊♪


風車菊(セイゾフィー)が開花しました♪



comment(2) 

大腸内視鏡検査⑤ ~前処置♪

2016.10.30

category : 大腸内視鏡検査♪


モビプレップの溶かし方♪


検査の前日夜に、モビプレップ(腸管洗浄液)の準備をして、

朝まで、冷蔵庫に入れておきます。

冷やした方が、飲みやすいそうです。

もし、寒い日に、冷たいのを飲むのがイヤなら、

準備した状態で、そのまま常温で置いても、大丈夫と説明を受けました。


モビプレップの飲み方♪


朝8時から、モビプレップを飲み始めます。

200mlを、10分おきに2回、10分後に、200mlの水を飲む。

これを、3回繰り返して、排液が、透明感のある液体になれば、

前処置は、終了です。


その時点で、まだ透明になっていなければ、

また、200モビ→200モビ→200水。


それでも、まだなら、

もう一度、200モビ→200モビ→200水。


ここまでやっても、残念ながら、透明にならない場合は、

検査の1時間前にクリニックに行って、浣腸が追加されます。



ところで、検査前日の食事は、支給された検査食のみで、

それ以前の食事に関しては、何も言われませんでしたが、

他の病院のHPなどを見てみると、

普段から便秘気味な人は、検査の2~3日前から、

野菜・きのこ・海藻など、繊維の多い物を控えた方がいいそうです。


そんなわけで、検査前々日(昨日)の夕食は、こんなのにしました。


夕食♪


・鰆の西京焼き

・たまご豆腐わさびのせ

・豆腐のみぞれ煮しらすのせ

・ゆかりじゃがいも

・ビール&焼酎


ヨーグルト♪

・食後に、きなこプルーンはちみつヨーグルト


検査前日は、乳製品はNGです。

いも類は、じゃがいも・長芋・里芋はOKで、さつまいもはNGだそうです。


夕食前BS106→R2→眠前BS(R注後6h)102→今朝91・・・・・マル優♪



comment(4) 

大腸内視鏡検査④ ~検査前日&当日朝♪

2016.10.29

category : 大腸内視鏡検査♪


大腸内視鏡検査の準備♪


私が、検査を受けるクリニックでは、

前日に食べられる固形物は、検査食のみです。

間食とアルコールは、中止。


夕食は、午後7時頃までに済ませます。


下剤♪


午後9時に、下剤のラキソデート30滴を、

コップ1杯以上の水に入れて飲みます。


起床時の痛みを和らげるために、いつもは、眠前にボルタレンを飲んでいますが、

下剤が早く効いたら、ボルタレンを飲んだ意味がないので、

ボルタレンは、夕食後すぐに飲んだ方がいいかな。


検査当日の朝は、絶食ですが、

午前6時までであれば、番茶・ウーロン茶・紅茶は飲んでもOKです。

ただし、レモンやミルクはNG。

水とポカリは、いつでもOK。

いつも朝食後に飲んでいるお薬は、中止です。


朝7時30分までに、

コップ1杯以上の水を飲んで、下剤の座薬(テレミンソフト)を入れます。

でも、この時間は、まだ家族がいるのよねー。

トイレを占領してもいいんだろうか?

難しそう…




comment(0) 

大腸内視鏡検査③ ~検査前受診 追記♪

2016.10.28

category : 大腸内視鏡検査♪


DM科のDr.Tからの紹介状に、

私の血液検査の結果も入っていたようですが、

他に調べないといけない項目もあるということで、

消化器内科でも、採血されました。


検査項目は、

「内視鏡検査を行う為」として、

肝炎ウイルス関連検査

(HCV抗体定性・定量、HBs抗原定性・半定量)

「ポリペクトミー術前検査」として、

末梢血液一般検査・プロトロンビン時間・APTT・フィブリノゲン半定量


・・・となっていました。


ポリペクトミーは、内視鏡治療のことです。

検査中に、早期ガンやポリープが発見された場合、

その場で治療するというもので、

もし、そうなった場合のために、止血作用に関わる因子や凝固時間を、

あらかじめ調べておく必要があるらしい。



それから、検査前日に食べる検査食(朝昼夕の三食)は、

保険適用外で、1,300円でした。

高いのか、安いのか…


これねー、三食とも、鶏肉が入ってるんです。

食べられるかな?

もう、何年も、口にしてないのよねー。

残すかも。


comment(0) 

大腸内視鏡検査② ~検査食♪

2016.10.27

category : 大腸内視鏡検査♪


検査食♪


私が、今回初めて、大腸の内視鏡検査を受けるクリニックでは、

前日の検査食が決まっています。


【朝食】 鶏と卵の雑炊

エネルギー 198kcal

脂質 2.4g

炭水化物 35.1g


【昼食】 かゆごはん&スープカレー

エネルギー 290kcal  

脂質 4.4g

炭水化物 49.4g


【夕食】 かゆごはん&大根とじゃがいもの鶏そぼろあんかけ

エネルギー 232kcal

脂質 0.6g

炭水化物 45.5g


間食とアルコールは、中止。



クリニックで受けた説明では、

検査前日は、朝から、インスリンを打たないようにと言われましたが、

どうやら、2型患者と混同されているようです。

もちろん、低血糖は心配ですが、インスリンなしというのは、無茶苦茶ですよね。

ドクターも、看護師さんも、1型患者に対応された事がないのかもしれません。


先ほど、DM科の主治医Dr.Tから、電話がありました。

検査食と、モビプレップ(腸管洗浄液)の成分を、

メーカーに問い合わせて下さり、その結果、


・毎日昼食前に、3単位打っているトレシーバは、

 前日は打たずに、検査後、通常単位を打つ。

・検査食の、朝食前にラピッド1単位、昼食前にラピッド2単位、

 夕食前は、打たない。

・まめに測定して、BSが200を超えたら、ラピッドを1単位打つ。


以上のような指示でした。

もし、何か困ったことがあれば、いつでも電話してきて下さいと。


夕食後は、かなり上がるでしょうが、

午後9時に、下剤を飲むので、高めじゃないと、危険ですね。



ところで、昨日は、

朝から、消化器クリニックに行くつもりで、

朝食前のラピッドを、1単位減らしましたが、

家を出る前に測定したら、94でした。

バスと地下鉄を乗り継いで、三条まで往復するから、

ハーベスト(炭水化物 約8g)で補食して、

昼食前BSは、



昼食前♪

いいね~♪


夕食前BSは、90で、

眠前は、




眠前♪


ほう♪




今朝は、



朝食前♪

きもちいいね~♪



でも、3時間後、ちょっと低そうだから、

ヤクルトでも飲もうかなと思いながらぱっちん・・・・・




低!


惜しい!


…とか言ってる場合じゃないでしょ。


ブドウ糖タブレット10g補食して、昼食前BSは、83でした。


トレシーバを、2単位から3単位に増量して、

眠前→朝イチは、いい感じになりましたが、

朝食→昼食が、下がり過ぎ傾向です。

明日は、朝食前のラピッドを、1単位減らしてみます♪


comment(0) 

大腸内視鏡検査① ~検査前受診♪

2016.10.26

category : 大腸内視鏡検査♪


実は、もともと、便秘症なんですが(いきなりすみません…)、

数年前から、突然の、激しい腹痛と下痢に悩まされていました。

と言っても、吐き気・食欲不振など、胃の症状は全くなくて、

つらい時間帯も、午前中に限られています。


月に1回、多い時で、週に1回程度で、

2ヶ月近く、まるまる大丈夫な時もありました。

去年の春頃から、腹痛&下痢が、2~3日連続して起こるようになり、

(その場合も、午前中限定でしたが…)、

ちょうど、甲状腺の数値が不安定な時期で、それと関係あるのかなとも思いました。


でも、甲状腺の数値が落ち着いてからも、腹痛&下痢はコンスタントにあって、

頓服薬(ブスコパン・桂枝加芍薬湯・ロペミン)で、しのいでいました。


去年の11月に、強直性脊椎炎と診断されて、

潰瘍性大腸炎や、クローン病と合併しやすいと知り、気になっていましたが、

今年のお盆から1ヶ月間、ほぼ2日に1日の割合で、

激しい腹痛と下痢の症状が出るようになり、ちゃんと検査を受けた方がいいかなと。


そういうわけで、DM科の主治医Dr.Tに書いて貰った紹介状を持って、

三条にある、消化器クリニックに行ってきました。



主治医にも聞いていましたが、かなりのおじいちゃん先生です。

待合室のガラスケースに、著書がずら~っと並んでたから、

凄い先生なのかしら?


Dr.Tからの紹介状を見て、

「大腸の内視鏡検査ですね。Dr.Tは、大腸がんを心配されてるようですね。」

え?

き、聞いてましぇんけど…


出来るだけ早く検査した方が良いとのことで、

来週明け早々に、検査して貰うことになりました。


内視鏡検査&治療♪


検査以降の食事について、今日は、説明を受けていませんが、

ネット情報によると、

検査当日は、消化の良いものを食べて、アルコールは禁止。

もし、ポリープなどを切除した場合は、一週間禁酒だそうです。


それは困ります!


        ・・・・・つづく・・・・・



comment(4) 

プロフィール

SP♪

Author:SP♪
2009年10月 緩徐進行型1型糖尿病 (SPIDDM)と診断されました。
同年冬より手足の血行障害が現れ、レイノー症状と診断されました。
また、2015年11月、仙腸関節炎左右ともgrade2となり、強直性脊椎炎の診断が確定しました。

次男は、10年以上前の交通事故の後遺症(高次脳機能障害・難治性てんかん)があり、精神障害者保険福祉手帳を取得しています。
私も、障害者福祉について、少しずつ、勉強していきたいと思います。


検査結果報告書♪
〔2009年9月〕
 HbA1c・・・8.9
〔2010年4月〕
 HbA1c・・・6.1
 βグロブリン・・・11.9
 抗核抗体(ANA)・・・80
 CK・・・229
〔2010年8月〕
  HbA1c・・・6.1
  CK・・・198
 抗核抗体(ANA)・・・80
〔2010年10月〕
 CK・・・229
 補体価CH50・・・51.2
 抗核抗体(FA)・・80
 Homogeneous(均質型)・・80
 Speckled(斑紋型)・・80
〔2011年1月〕
 HbA1c・・・6.0
 CK・・・228
〔2011年7月〕
 HbA1c・・・5.8
 CK・・・221
〔2011年10月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2011年11月〕
 HbA1c・・・6.8
〔2012年3月〕
 HbA1c・・・5.6
ここまでのHbA1cは、JDS値♪
2012年4月以降は、
国際標準値(NGSP♪)表記です。
〔2012年4月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2012年6月〕
 HbA1c・・・6.0

☆詳細は、カテゴリの
「検査結果報告書♪」に☆
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Copyright ©☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad