☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆

・・・って、インスリンで、おなかいっぱいなんですけど・・・

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ

TSHその後♪

2015.08.28

category : 甲状腺


結局、昨日は、主治医から連絡なく、今朝、こちらから電話しました。

一昨日採血分の検査結果は、

TSH 6.42 (基準値 0.35~3.73)

Free T4 1.16 (基準値 0.88~1.81)

Free T3 2.7 (基準値 2.2~4.1)


先月の数値が、

TSH 10.82 

Free T4 0.93

Free T3 2.2

だったので、全て持ち直してくれた事になります。

あー、良かった♪


TSHが10を超える状態が続くと、治療開始です。

今のところは、必要なし。

今後の経過を見て、上がる傾向が強くなれば、対処しましょうと言われました。


それにしても、激動のTSH。

1月 4.20 やや高値

3月 3.59 基準値内

4月 0.30 やや低値

5月 0.03以下 しっかり低値で、甲状腺機能亢進

7月 10.82 いきなりどーんと高値で、甲状腺機能低下

8月 6.42 まだ基準値外だけど、ちょっと安心♪


これから先、また振り回されることも、あるんでしょうねー。

comment(6) 

破壊性甲状腺炎♪

2015.07.23

category : 甲状腺


6年前、DM科の初診時に、いろんな検査を受けた結果、

1型糖尿病+橋本病と、診断されました。

ただ、橋本病の方は、経過観察だけで、特に何の治療も受けていません。


ずっと、基準値内(0.35~3.73)だった、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が、

去年の10月に、3.82と、やや高値になりました。

11月は、4.64、12月には、5.90と上がってしまいましたが、

10以下なら、橋本病治療の対象にはならないそうです。

今年1月には、4.20と、少し下がって、3月には、3.59で、晴れて基準値内に♪


が、4月に受けた検査で、0.30に下がっていて、

5月には、感度値以下(0.03以下)となり、甲状腺機能亢進症と診断されました。


亢進症の原因の、約8割は、バセドウ病です。

バセドウ病では、抗体(TRAb、TSAB)が陽性になり、

RI検査で調べると、放射性薬剤が、甲状腺に多く取り込まれるのがわかるそうです。

診断が確定すると、薬物治療、手術、放射線治療のいずれかを受けることになります。


バセドウ病以外に、亢進症の原因になるのが、無痛性甲状腺炎や、亜急性甲状腺炎などで、

いずれも、一過性のものです。

破壊性甲状腺炎(甲状腺に炎症が起きて、甲状腺ホルモンが血液中にあふれ出してしまう)→

血液中の甲状腺ホルモン濃度が上がりすぎる→

脳下垂体が、それを感知して甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を減らす→

甲状腺機能亢進症

・・・という図です。

私の、第一希望は、この、無痛性甲状腺炎。


検査の結果、

バセドウ病抗体の、TRAb定量は、1.0未満 (基準値 1.5未満)

同じく抗体の、TSABは、62 (基準値 120以下)

RI検査では、テクネシウム(放射性薬剤)の、甲状腺への取り込みは、認められず


ということで、バセドウ病ではないと、確定しました。

ただ、この破壊性甲状腺炎は、原因不明ながら、橋本病がベースになることも考えられるそうで、

橋本病の増悪期との関連も否定できないとか。

昨日の血液検査の結果で、TSHや、甲状腺ホルモンの数値を見て、

今後、治療が必要なのかどうか、検討して下さるそうです。


しっかし、この、破壊性甲状腺炎っていうネーミング、ぎょっとする響きですよね…

comment(2) 

RI(核医学)検査♪

2015.06.24

category : 甲状腺


昨日は、ラピッドを1単位マイナスで、早めの昼食。

念のために、食後に、練乳どっさりのあまあまカフェオレを飲んで、カントリーマウムも食べて、

バスを2本乗り継いで、画像検査のクリニックに行きました。


なんだかヨレヨレな気分だったので、予約時間まで、どこかに座って休もうかなと思ったんだけど、

受付のおねえさんに、超爽やかな笑顔で、「こんにちは~♪」と言われて、受付カウンターへ。

エントランスフロアには、椅子も見当たらなかったしね。


保険証と、主治医に書いて貰った紹介状を出すと、

「こちらにご記入下さい。」と受付票を渡され、まず、名前を書こうとしたら、

いや~ん!

手がブルブル震えてきたー!

バスを降りた時の、ヨレヨレふらふら感は、低血糖の前兆だったのね。

いつになったら、覚えるんだ!

ブドウ糖の袋を開けるの、難しいよ~…

それでも、なんとか、ブドウ糖タブレット10gを口に放り込んで、

ぐじゃぐじゃな字で、名前とフリガナを書きました。

あれ、読めるかな?


ほどなく、検査室に案内されて、医師の説明を受けました。


放射性薬剤を静脈注射して、20分後に甲状腺の撮影をする。

薬剤は、気分が悪くなったりするような、副作用のあるものでは無い。

撮影は、10分ほどで終わる。

息を止めたりする必要はなく、じっと寝ているだけでいい。

ただし、顔の向きは、変えないように。


説明通り、楽ちんな検査でした。

薬剤は、半減期が8時間で、どんどん減っていくので、いつも通りの生活で問題ないそうです。

ただ、膀胱の被曝量を減らすために、普段よりは、まめに排泄して下さいとの事でした。

でもね、しっかり水分摂ってるのに、低血糖で滝汗流したせいか、そんなに出ないのよねー。

ということで、ビールの助けを借りて、しっかり排出!


検査結果は、2~3日後に、主治医宛に届くそうです。

comment(2) 

RI♪

2015.06.16

category : 甲状腺


次男が検査入院する予定の病棟から、入院日時決定の連絡がありました。

幸い、甲状腺のRI検査の翌日なので、私は、予定通り検査を受けに行けます。


ところで、私が受けるRI検査は、テクネシウムという放射性薬剤を静脈注射して、

一定時間の後、甲状腺にどのくらい放射能が集まったかを調べる検査です。

RI検査1回あたりの被ばく量は、多くてもX線CT検査と同じくらいで、

自然放射線の1/10で、健康に影響する量では無いらしい。

でも、妊婦さんは受けられない検査ですし、授乳中の女性には、数日間の授乳制限を行うとか。

そんな検査を受けた翌日から、私が病院でうろうろしててもいいのかな?

とても不安だったので、師長さんに確認したところ、「全く問題ありません。大丈夫ですよ。」と言われました。

一安心♪
 

昨日は、夕方に、コーンフレークを補食して、夕食前BSは、95でした♪

夕食メニューは、

Cpicon 白菜・しめじと仙台麩(油麩)の煮物♪ by SP♪

仙台麩の炊いたん♪


Cpicon ピーマン・ひじきと竹輪の和風サラダ♪ by SP♪

ひじきピーマン♪


・サラダ(じゃがいも・ちりめんじゃこ・大葉・梅干・ヨーグルトドレッシング)

ポテサラ♪


・温野菜サラダ(キャベツ・人参・コーン・ゆかり・鰹節)

・ビール&焼酎


R2で、眠前BS(R注後5h)は、103でした。

そのまま寝て、今朝は91・・・・・マル優♪

comment(2) 

甲状腺エコー♪

2015.06.13

category : 甲状腺


4月21日に受けた、甲状腺機能検査の結果、

TSH(甲状腺刺激ホルモン) 0.30L (基準値 0.35~3.73)

Free T4(甲状腺ホルモン) 1.14

Free T3(甲状腺ホルモン) 2.3


ということで、甲状腺機能亢進症が疑われて、5月29日に再検査を受けたところ、

TSH 0.03以下L

Free T4 1.65

Free T3 3.1

という結果になりました。



甲状腺機能が亢進している原因を調べるために、バセドウ病の抗体検査を受けたんですが、

TRAb定量 1.0未満 (基準値 1.5未満)

と、正常値でした。

ただ、バセドウ病患者のうち、約1割は、TRAbが正常で、これだけでは、バセドウ病は否定できず、

昨日、別の抗体検査(TSAb)のために、採血して貰いました。


甲状腺の血流と大きさを調べるために、超音波検査を受けました。

5年前にも、同じ検査を受けていて、その結果と比べると、

甲状腺が、少し大きくなっているようです。

血流を調べるドップラー検査では、5年前は、異常なしでしたが、

今回は、血流量が増えていることがわかり、バセドウ病が、強く疑われるそうです。


更に詳しい検査が必要で、RI(ラジオアイソトープ)検査を予約して貰いました。

ただ、次男の検査入院の日程が、やや流動的で、ひょっとしたら、重なってしまうかもしれないんですよ。

その場合は、私の検査は、延期して貰わないとねー。


シンチ♪

comment(2) 

抗体検査♪

2015.06.12

category : 甲状腺


TSH(甲状腺刺激ホルモン)の数値が下がって、感度値以下になったので、

バセドウ病の抗体検査をして貰いました。

昨日、その、結果を聞いたんですが、正常との事でした。

やったー!



…が、しかし!

もうひとつ別の抗体を検査しないといけないみたい。

それに、超音波検査で血流を調べたり、RI検査も。


再来週から、次男が検査入院するので、

その前に、私の検査を済ませておきましょうということになりました。

とりあえず、今日は、超音波検査に行ってきます。

comment(0) 

まいった。

2015.06.01

category : 甲状腺


3日前のDM検診で、4月21日に受けた血液検査の結果を聞きました。

TSH(甲状腺刺激ホルモン)  0.30 (基準値 0.35~3.73)

Free T4(甲状腺ホルモン)  1.14 (基準値 0.88~1.81)

Free T3(甲状腺ホルモン)  2.3 (基準値 2.2~4.1)


TSHが低値で、甲状腺機能亢進症の疑いということで、再度検査を受けました。

結果に問題があれば、連絡します、と主治医に言われていたので、

ずっとびくびくしてたんですが、やっぱり、電話がかかってきました。

うぇーん!


「先日の検査で、TSHが、さらに下がって、感度値以下でした。

 Free T4と、Free T3は、まだ上がっていません。

 SP♪さんの検体の残りで、バセドウ病の抗体検査をしてもいいですか?

 一週間ほどで結果が出るので、また、連絡します。

 動悸が激しい時は、自分で脈拍を数えておいて下さい。」


はあ。

色々調べてみたら、亢進症=バセドウ病では無いとわかりました。

亢進症の原因のひとつが、バセドウ病で、最も多いんですが、

それ以外に、無痛性甲状腺炎などが原因になることもあるそうです。

無痛性甲状腺炎は、橋本病の人の甲状腺ホルモンが、一時的に過剰になって、

バセドウ病と紛らわしい症状が出るものです。

それなら、自然治癒するらしい。

でも、橋本病とバセドウ病と、両方とも、っていう場合もあるみたいだし、

一週間、またびくびくしてないといけないのかなあ…

comment(4) 

まいったな~…

2015.05.30

category : 甲状腺


昨日は、DM検診。

2日前に、大学病院で貰った検査結果を、持って行きました。

主治医のDr.Tに、「HbA1cが6.6に上がってますね~。」と言われて、

JDS値を見て下がったつもりになってたと、気付きました。

そりゃ、そうよね。

さがってるハズないわ。

トレシーバを増量したくらいですからね。


実は、先々月の検査で、LDLコレステロール145、中性脂肪(TG)242と、

超メタボな数字を叩き出して、ぎょっとしたんですが、先日の大学病院での検査では、

LDL107、TG128と、基準値内に戻って一安心。

なんだったんだろう?

特に、食生活などに変化は無いんですけどね。

だから、上がった理由も下がった理由も不明。


4月採血分の検査結果を貰いました。

TSH(甲状腺刺激ホルモン)に、ちょっと問題が…。

私は、橋本病で、TSHが、10くらいにまで上がると、治療開始と言われてます。

ずっと基準値内(0.35~3.73)だったのが、去年の秋から上昇して、12月には、5.9に。

その後、ゆっくり下がって、今年の3月には、3.59で、セーフ♪

あー、良かった。


…と思ってたのに、昨日貰った報告書には、

数字の横に、斜め下向きの矢印が付いてるじゃないですか!

「先生、これって、あかんのと違いますの?」


橋本病と真逆なはずの、甲状腺機能亢進症が、合併することもあるとは聞いてたけど…

大学病院での検査項目には、甲状腺絡みの項目が入ってなかったので、

昨日、DM科で、検査して貰うことになりました。

治療が必要な結果が出たら、週明けに、Dr.Tから、電話がかかって来るんですと。

4月21日の検査で、0.30だったのが、ちょっとでも上がってくれたらいいんだけど…

comment(2) 

プロフィール

SP♪

Author:SP♪
2009年10月 緩徐進行型1型糖尿病 (SPIDDM)と診断されました。
同年冬より手足の血行障害が現れ、レイノー症状と診断されました。
また、2015年11月、仙腸関節炎左右ともgrade2となり、強直性脊椎炎の診断が確定しました。

次男は、10年以上前の交通事故の後遺症(高次脳機能障害・難治性てんかん)があり、精神障害者保険福祉手帳を取得しています。
私も、障害者福祉について、少しずつ、勉強していきたいと思います。


検査結果報告書♪
〔2009年9月〕
 HbA1c・・・8.9
〔2010年4月〕
 HbA1c・・・6.1
 βグロブリン・・・11.9
 抗核抗体(ANA)・・・80
 CK・・・229
〔2010年8月〕
  HbA1c・・・6.1
  CK・・・198
 抗核抗体(ANA)・・・80
〔2010年10月〕
 CK・・・229
 補体価CH50・・・51.2
 抗核抗体(FA)・・80
 Homogeneous(均質型)・・80
 Speckled(斑紋型)・・80
〔2011年1月〕
 HbA1c・・・6.0
 CK・・・228
〔2011年7月〕
 HbA1c・・・5.8
 CK・・・221
〔2011年10月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2011年11月〕
 HbA1c・・・6.8
〔2012年3月〕
 HbA1c・・・5.6
ここまでのHbA1cは、JDS値♪
2012年4月以降は、
国際標準値(NGSP♪)表記です。
〔2012年4月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2012年6月〕
 HbA1c・・・6.0

☆詳細は、カテゴリの
「検査結果報告書♪」に☆
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Copyright ©☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad