☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆

・・・って、インスリンで、おなかいっぱいなんですけど・・・

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ

=== Bobby McFerrin♪ ===

2011.09.03

category : ==Players==




この人を、初めて見たのは、グラミーの授賞式だったんですが、これだったのかな・・・

   ↓   ↓   ↓

Round midnight-Bob MacFerrin-Herbie Hancock - YouTube

Ave Maria も見た記憶があるんですが、別のシーンだったかな・・・思い出せません。


とにかく、この人がいれば、楽器いらず。

つい最近、テレビで『アカペラ甲子園』やってましたね。

彼は、あの手のアカペラグループが歌う、全員のパートを、ひとりで演ってしまいます。

パーカッションを含む、どんな楽器でも、声で表現できるんです。

ジャズも、クラシックも♪

どちらかというと、楽器のモノマネです。

私は、ウッドベースのソロが好き♪

comment(2)  trackback(0)

=== Steve Gadd with Al Jarreau♪===

2011.08.12

category : ==Players==



便利な世の中になったもんです♪

毎年、テレビで Live Under The Sky をビデオ録画しては、しつこく見ていました。

特に、このAl Jarreau のSpain はお気に入り。

   ↓   ↓   ↓

?Al Jarreau - Spain (Live Under The Sky 90)?? - YouTube


それなのに、ある日、気が付くと、消えていた!

正確に言うと、「消してしまった!」

がーーん、と落ち込んだのは、20年近く前の事です。

CDでも、この二人の演奏は聴けるんですが、ガッド様〜、もっと叩いてよ〜!


このステージの演奏を、Y・Tube で見つけたときは、嬉しかったなー♪

Steve Gadd が男前なのは、顔だけではありません。

とにかく、やる事なす事すべて男前♪

後半の、ドラムソロは、何度聴いても、ゾクゾクものです♪

comment(7)  trackback(0)

=== Jan Akkerman♪ ===

2011.08.03

category : ==Players==



プログレギタリストの中で、私が一番好きなのが、Focus のJan Akkerman です♪

高校の時、一緒にプログレやってたギタリストU君に、「聴いて聴いて、カッコいいで〜♪」

と、聴かされたのが、Sylvia でした。



?Focus - Sylvia?? - YouTube


彼のギターは、生きています。

『泣きのギター』とか、『囁くようなフレーズ』・・・・・勿論なんですが・・・・・

彼の場合、さらに、その上の情緒感を持っています・・・・・それを表す日本語が見当たらない。

いわゆる、『何も足さない、何も引かない』音色。

そして、モーツァルトじゃないけど、『一音も足すことは出来ないし、一音も省けない』フレーズ。

その集約が、このSylvia です♪


・・・・・などと、Jan Akkermann の魅力を私に語ってくれた、ギタリストU君は、今も現役。

来年の夏に、どーんと、ロックフェスを企画しているそうです。

Sylvia も演るのかな?

聴きに行きたいけど、野外フェスは、どう考えても無理ですね。

comment(4)  trackback(0)

=== Simon Phillips with Jeff Beck ♪ ===

2011.07.21

category : ==Players==


高校の時から、Jeff Beck の大ファンです♪

私の愛聴盤 There And Back のドラマーが、Simon Phillips でした。

彼の演奏を、ナマで聴いた時の感動は、それはそれは・・・私の語彙力では、表現できません。

すさまじいドラムソロでした♪

座って聴いてても、腰が抜けるというか、意識があるはずなのに、自分の存在が自覚できないというか、

唖然というか、呆然というか・・・・・

Y・Tubeで、何度も同じ動画を見ては、毎回のように、新しい発見・感動の連続です。

フィルインが、かっこ良すぎて、聴きながら、いちいち反芻してしまうので、曲についていけない。

待ってよーー!


YouTube - ?Jeff Beck - Blue Wind??


真ん中あたりで、Beck と掛け合いしてる顔は、お人形さんみたいに、カワイイし!




最近のSimon Phillips♪(右は上原ひろみです)



comment(4)  trackback(0)

=== Bill Bruford with Kazumi Watanabe♪ ===

2011.07.17

category : ==Players==


プログレドラマーの中で、私が一番好きなのが、Bill Bruford です。

最初に彼の演奏を聴いたのは、Yesでも無く、King Crimsonでも無く,GenesisでもUKでもありませんでした。

私が、中学の時から大好きだったギタリスト、渡辺香津美さんのアルバムです。

今までにも、何度か触れましたが、なんせ、あの音色が好き!


現在は、とてもシンプルなセットで、ジャズを叩いていますが・・・・・

Kazumi Band の画像を、最近見つけてしまいました。

   ↓  ↓  ↓


YouTube - ?Bill Bruford , Jeff Berlin & Kazumi Watanabe vol.3??



皆さん、お若い♪

キーボードは、どこから鳴ってるのかと思えば、秘かにベーシストが弾いていました。

忙し!


comment(2)  trackback(0)

=== Rod Stewart with Phil Chen♪ ===

2011.07.14

category : ==Players==


Foot Loose & Fancy Free(明日へのキックオフ)♪



毎日プログレばっかり聴いている訳ではありません。

先日の酒の肴は、ロッド3連発♪



Atlantic Crossing♪




Blondes Have More Fun(スーパースターはブロンドがお好き)♪


シアワセ〜♪


高校の時、大阪公演に行きました。

その時のリズム隊は、

Dr:Carmine Appice

B:Phil Chen

この人達です♪

↓  ↓  ↓

YouTube - ?Rod STEWART-Bellevue-1978-Part1-Hot legs.avi??


ロッドの曲では、You Keep Me Hangin' On が一番好きなんですが、いい動画がありませんでした。

この前の年の映像が、あるにはありましたが、悲しいほど、音のバランスが悪い。

Carmine Appice は、そっちの方が、よく映ってるんですけどねぇ・・・・・

私としては、大好きなPhil Chen の音が、小さ過ぎ!


ということで、カワイイPhil Chen が、ばんばんコーラスしてるこちらの映像に決定♪


(カワイイカワイイと言っても、1946年生まれだそうですが・・・・・)


彼は、Jeff Beck のアルバムにも、参加しています。


Blow By Blow♪



comment(6)  trackback(0)

=== Annie Haslam♪===

2011.07.09

category : ==Players==




プログレボーカリストの中で、私が一番好きなのが、この Annie Haslam です。

私が、プログレを聴くきっかけは、この人の声でした。

個性的な声です。

『クリスタルボイス』と表現される事が、よくありますが、透明なだけではありません。

『エキゾチック』とも言われますが、それだけでもない。

本人の努力もあるんでしょうが、持って生まれた声質の魅力が大。

プラス、Renaissance の曲調とのマッチングに惹かれました。


果てしなく広がる大地や、お伽噺のひとコマひとコマ、牧歌的な風景画の世界。

そして、時には、情熱的に流れる・・・・・

大好きです♪


YouTube - ?Renaissance - Prologue (BBC Sight & Sound 1977)??


失礼ながら、このドラマーのフォームは、あまり好きではありません・・・・・

それと、ピアノのミスタッチも、許してあげてね♪



comment(2)  trackback(0)

=== Rick van der Linden♪ ===

2011.06.28

category : ==Players==



私が一番好きな、プログレキーボーディストです。

上手いのは、もちろんですが、それ以上の形容詞が、思い浮かびません。

強いて言うなら、<凄い!>


実際、特にクラシック畠の人の中には、この人と同じくらい、あるいはこの人より上手い人はいます。

もっと速く弾けるとか、もっと難しい曲を弾けるとか・・・・・


プログレバンドの中には、最初から、テクニック無視で、雰囲気一発バンドもあれば、

なんせ、難しい曲やってるぞ〜、真似できないくらい難しいだろーバンド、

とりあえず、変な事いっぱいやるぞ〜、このいびつなノリについて来れるか〜バンド等色々あります。


Rick van der Linden は、相当難解な事をやりながら、聴く側には、とても受け入れ易い演奏をします。

美しい和声、展開の潔さ、広いジャンルにまたがる曲作り・・・・・どれもこれも大好きです♪


ふさふさの髪も、羨ましい・・・・・(時々演奏の邪魔になっているみたいですが)



YouTube - Trace - King\'s Bird Live (1977)




ところで、このブログを始めて、今日で、ちょうど1年になります。

皆さんから頂いた励ましのおかげで、前向きな姿勢で、病気と付き合えるようになりました。

とても感謝しています。

これからも、どうぞ宜しくお願いします♪

                        SP♪


comment(6)  trackback(0)

プロフィール

SP♪

Author:SP♪
2009年10月 緩徐進行型1型糖尿病 (SPIDDM)と診断されました。
同年冬より手足の血行障害が現れ、レイノー症状と診断されました。
また、2015年11月、仙腸関節炎左右ともgrade2となり、強直性脊椎炎の診断が確定しました。

次男は、10年以上前の交通事故の後遺症(高次脳機能障害・難治性てんかん)があり、精神障害者保険福祉手帳を取得しています。
私も、障害者福祉について、少しずつ、勉強していきたいと思います。


検査結果報告書♪
〔2009年9月〕
 HbA1c・・・8.9
〔2010年4月〕
 HbA1c・・・6.1
 βグロブリン・・・11.9
 抗核抗体(ANA)・・・80
 CK・・・229
〔2010年8月〕
  HbA1c・・・6.1
  CK・・・198
 抗核抗体(ANA)・・・80
〔2010年10月〕
 CK・・・229
 補体価CH50・・・51.2
 抗核抗体(FA)・・80
 Homogeneous(均質型)・・80
 Speckled(斑紋型)・・80
〔2011年1月〕
 HbA1c・・・6.0
 CK・・・228
〔2011年7月〕
 HbA1c・・・5.8
 CK・・・221
〔2011年10月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2011年11月〕
 HbA1c・・・6.8
〔2012年3月〕
 HbA1c・・・5.6
ここまでのHbA1cは、JDS値♪
2012年4月以降は、
国際標準値(NGSP♪)表記です。
〔2012年4月〕
 HbA1c・・・6.4
〔2012年6月〕
 HbA1c・・・6.0

☆詳細は、カテゴリの
「検査結果報告書♪」に☆
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Copyright ©☆☆☆  SP♪IDDM+レイノー!!   ☆☆☆. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad